2009年09月25日

新型インフルエンザ感染幼児の特長

今朝の情報番組「とくダネ」の
新型インフルエンザ関連のコーナーで
興味深いお話がありました。

新型インフルエンザ感染幼児に、
ある特長が見受けられるというものです。

・うわごとを言う
・グルグル回りだす
・おばけが見えると言う
・けいれんを起こす

の、4つの特長です。


このような症状が確認された時は、
迷わず病院へ連れていくように、ということでした。


以前の記事にも書きましたが、
季節性インフルエンザで脳症になる
子どもの年齢は3歳が一番多く、
一方、新型インフルエンザで脳症になる子どもの年齢は
「7.3歳」と小学生くらいの子どもが一番多いようです。

年齢が3歳くらいであれば、
他者との接触の可能性もまだ低いですが、
7歳(小2)ともなると、他者との接触は一気にふくれ上がります。

大人では考えられないような接触の仕方だと思われますので、
学校での指導以外でも、ご家庭での指導も大切ですね。

子どもが知識として「知らない」のと「知っている」のとでは
感染に雲泥の差あがある
ことは確実ですから。

まずはマスク・手洗い・うがいを実行しましょう。
こちらでは新型インフルエンザ対応の
幼児・子供専用マスクを取り扱っておます。


サージカルマスク販売センター


【幼児・子供用マスク】3層不織布マスク




posted by まりこ at 11:07| 新型インフルエンザ | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

インフルエンザ脳症にならないために家庭で出来る事

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----

インフルエンザ脳症 
急な高熱の後、突然けいれんが続いたり、
意味不明の言動や意識障害を起こす。
体内のウイルスへの免疫反応が激しすぎて脳が腫れたり、
血管や臓器が傷ついて発症するとみられている。


----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----


23日、日本小児科学会の「新型インフルエンザ緊急フォーラム」で、
季節性インフルエンザに比べ、年齢の高い子どもの脳症が
多く発生していることが報告されたそうです。


今までの季節性インフルエンザの場合、脳症は2~4歳に多かったのですが、
新型インフルエンザでは、小児の脳症20例のうち、7歳の子どもが最も多く、
10歳以上も約4分の1を占めたという結果が出ています。
そして脳症患者の約2割に、ぜんそくの持病があったということです。


夏以降の流行の時、 全国で最も早く流行した沖縄県では、
ピーク時の1週間に5人の子どもが肺炎や脳症の疑い、
心筋炎などで相次いで入院しています。
そのため小児用集中治療室が満員になり、
手術の延期などで対応していたということです。

やはり一番弱いところに「感染」はやってくるのですね。

新型インフルエンザに日本が慣れたと言うことか、
ニュースでもそれほど深刻には取り上げられていません。

必要以上に不安を掻き立てない、という点ではいいかと思いますが、
かと言って「たいしたことないな」という認識を持たれては
それは困ったこととなります。

「たいしたことないな」と予防もなにもしない人が感染し
そこからまた多くの人に感染する。
重症化するのは子ども達や持病を持った人。
これでは困りますよね。

ぜひ、マスクとこまめな消毒・手洗い・うがいを実行してください。
小さい子は特に親が教えてあげなければ分かりません。

こちらでは、小さい子どもたちにもピッタリの
「新型インフルエンザ対策用マスク」を取り扱っています。
もちろん大人用の「新型インフルエンザ対策用マスク」もあります。


サージカルマスク販売センター

おすすめ「幼児・子ども専用マスク」


posted by まりこ at 11:59| 新型インフルエンザ | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

感染が広がっていると知ると、大きすぎるマスクが気になる~!!

我が家でも、今日中学生の子供のクラスの両どなりのクラスが学級閉鎖になりました。
学級閉鎖になったクラスに挟まれている娘のクラス....
ああ、もう学級閉鎖になるのも時間の問題ですね....

政権交代のニュースやのりピーのニュースで
インフルエンザのことが取り残されているみたいな感じですが、
そうゆう間にどんどん広がっていたのですね。

ピークと言われていた10月に向けて、感染拡大が予想されています。

今日もお出かけしたので、マスクをつけたのですが、
感染が広がっていると思えば思う程、
私のマスクのサイズが気になって....

何だか大きすぎてガバガバなんです!!
普通サイズのマスクなんですが...

やっぱり男の人もつけるような成人サイズは、
男性も使うので大きく設計されているんだ~。
ゴムも長いし、幅も広い。
だからゴムとマスクの間のところがパカッと開いているの~

せっかくインフルエンザ対応のN95サージカルマスクを
使用しているのに、これじゃダメだと思いませんか?

何とかならないかしらん?と見てみると....
あるじゃないですか!小顔用!!

早速注文させていただきましたぴかぴか(新しい)

私の注文したのは...(予約注文です)
子供・女性用マスク 3層不織布マスク


お店のトップページは
サージカルマスク販売センター
posted by まりこ at 18:58| 新型インフルエンザ | 更新情報をチェックする

新型インフル未成年初の死者、というニュース

今日のこのニュースには呆然としてしまいました。

男の子は2日午前に39度台の熱が出て、医療機関を受診したみたいです。
その後一時37度台に下がったのですが、3日にまた40度に上がり、
意識がもうろうとしたため、横浜市内の病院へ行き、
集中治療室(ICU)で治療を受けたということです。

その後、心筋炎と診断されたそうです。

37度に下がり、お家にいてた子が翌日には集中治療室という、
驚くほどの急激な変化です。

親御さんはどれほど驚かれたことでしょう。

男の子は意識不明だったため、タミフルなどの治療薬の投与は
受けていなかったらしいのですが、親としたら
「なぜ投与してくれなかった」と悔やまれるのではないでしょうか。

横浜市といえば、大都会。
この新型インフルエンザも大都会から広がり、
地方へと感染していっています。

今日は我が家も子供用マスクの追加注文をしました。
子供を守れるのは親しかいませんから。

早めの用意をおすすめします。
私はこちらで購入しています。

サージカルマスク販売センター(幼児・子供用)

購入したのは
【幼児・子供用マスク】3層不織布マスク
posted by まりこ at 00:36| 新型インフルエンザ | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

新型インフルエンザ対応マスクとは?

新型インフルエンザの予防で、
マスクについてはいろいろ言われていますし、
国によっても認識はいろいろ違うようですね。

だけど、どう考えてもしないよりした方が感染予防率は高くなると思います。
それが、高性能マスクなら、なおさらそう思いますよね。

今話題の「N95マスク」
よく聞くけど実際はどんなマスクなの?という方も多いのでは?

「N95マスク」は、米国労働安全衛生研究所のN95規格をクリアし、
認可された微粒子用マスクのこと。

その微粒子の大きさがポイントで、N95の場合0.3マイクロメーターの
微粒子を95%以上捕集できると認定されたもの
を指します。

なぜ捕集できる微粒子の大きさがポイントかと言うと、
新型インフルエンザのウイルスの大きさが0.3~0.1ミクロンと言われているからです。

花粉は30ミクロンです。
なので「5ミクロンの微粒子をガードできる」だけの従来のガーゼマスクでは、
新型インフルエンザのウイルスはマスクを素通りしてしまう訳です。


なので「N95」以上の性能のマスクをすることが必須なのですね。

「サージカルマスク販売センター」の新型インフルエンザマスクは、
3層構造の高機能フィルターとなっています。
どれもN95以上の不織布を使用していますので、
新型インフルエンザ対策としてお役立ていただけます。


店内をじっくりご覧になってみてくださいね。
「サージカルマスク販売センター」

エースレギュラーマスク
3層医療用不織布サージカルマスク TDK-N95
posted by まりこ at 00:40| 新型インフルエンザ | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

新型インフルエンザの影響で、秋のイベントが中止に!

ずいぶん涼しくなってきましたね。
これから秋になってゆくというのに、新型インフルエンザの影響で
楽しそうなイベントが中止になっているようです。

吉本興業は11/21~23日にインテックス大阪で行われる予定だった、
国内最大級のお笑いフェスティバル「LIVE STAND09 OSAKA」を中止する方向で最終調整に入ったと発表されました。


同イベントは、7月に千葉・幕張メッセでも行われたようですが、
3日間で6万人超の観客を動員した、超人気お笑いフェスティバルです。

楽しみにしていた方も大勢いたでしょうね。ホント残念です。

関係者によると、新型インフルエンザの感染拡大を警戒し、
ファンの方々の安全面を最優先にしたということです。

吉本興業の幹部も「残念だが、お客さんにインフルエンザが広がってしまうことを思えば(イベントの中止は)仕方ない」と、苦渋の決断だったようです。

規模が大きいだけに、万一感染者が参加していたら一気に広がることも確実です。

でも、日常生活の中でも人が大勢いる場所に行かなければならない事もたくさんありますよね。

例えば、通勤・通学の電車やバスもそうですし、
販売のお仕事をされている方は毎日大勢の方に接します。

だから完全に感染の広がりを絶つことは不可能だとは思うのですが、
個人レベルで考えると「感染の確率をうんと下げる」ことは可能であると思います。


きちんとマスクを着用し、こまめな手洗いうがい、消毒を徹底する。
面倒だけど、一人一人が気をつければ、かなりの感染の確率が下がるように思います。

こちらではインフルエンザウイルス対応の高性能マスクを販売中。

サージカルマスク販売センター

売れ筋商品は
エースレギュラーマスク

3層医療用不織布サージカルマスク TDK-N95



posted by まりこ at 13:18| 新型インフルエンザ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。